デザインや包み方によって変わる撥水風呂敷の表情

撥水風呂敷のデザイン:唐草

デザインが大事

風呂敷は、無地からグラデーション、柄物などさまざまな種類があり
昔から利用されている和柄には意味を持ったものもあります。

和柄の意味
唐草模様は、生命感が強いつる草をモチーフにした絵柄となり、
じつは柄の種類も豊富にあるのですが、今日では唐草模様と言うと
誰もが連想する柄として、グリーンの地に白のつる草が配置された模様となります。


獅子舞の胴体部分を連想したり、泥棒のイメージをもたれてしまうことがありますが、
つるはどこまででも伸びていくことから長寿の意味を持っていたり、
つるは広がって生えることから繁栄を意味して使われることになります。


日本では、60歳の還暦を始めとして長寿のお祝いがあり、子供や孫からギフトが贈られることになります。


この時には、店舗で購入したときにつけてもらった紙袋に入れて渡すのではなく
唐草模様の風呂敷に包んであげれば、これからも長生きをしてほしいという
思いを伝えることができるとともに、紙袋であれば捨ててしまうところ、
風呂敷なので活かしてもらうことができます。


風呂敷は、シンプルながらも柄によるデザインも重要になってきますが、
さらに使い勝手の良い機能性にも着目して選んでみるといいでしょう。


風呂敷はシンプルな四角の布になりますが、球体でも瓶であっても
どんな形でもうまく包み込むことができる機能性を持っています。


さらに、撥水風呂敷であれば使えるシーンがぐっと増えることになります。
風呂敷に入れて持って行こうと思っていた時でも、外が雨であれば
やっぱりビニールバッグに入れて持って行こうと思ってしまうものです。


ここで撥水風呂敷を活用すれば、雨で中身を濡らすことなく持ち運びをすることができます。


逆に、煮物など汁物が入っているお惣菜を持ち運ぶとなるとこぼれてしまう
危険性もありますが、撥水風呂敷であれば中でこぼしたものが風呂敷に
染み出ることはありません。


また、しっかりと結んでおけば風呂敷から汁が零れ落ちることもありません。